医療法人社団 研精会、社会福祉法人 新樹会
  • ホーム
  • お問合せメール

精神障がい者福祉施設

研精会グループにおける取組み

昭和47年日本で最初の精神障がい者のための授産施設として創造印刷・創造出版は設立されました。当時、精神障がい者に対して福祉の光が当てられていない中で社会福祉法人新樹会を立ち上げ、その定款には「(精神障がい者に対して)その独立心を損なうことなく、正常な社会人として生活することができるように援助することを目的」とすると謳っています。平成10年に地域生活支援センター希望ヶ丘、平成12年に共同生活援助粋交舎を設立、退院した当事者の方々が地域で自立できるよう就労継続支援、生活支援、相談支援を行っています。

創造印刷

業態 障がい福祉サービス事業所
名称 創造印刷
所在地 〒182-0005
東京都調布市東つつじヶ丘2-29-1
活動内容 ≪精神障がい者の就労継続支援B型事業所≫
精神に障がいのある方に就労していただきながら、生活リズムを整えたり、働くために必要な知識や能力の向上のために訓練を行うところです。
印刷実績 調布市報毎月、調布市市議会報、東京精神病院協会誌、名刺、葉書、住所録作成、カレンダー、ポスター、文集、自費出版等、印刷に関するもの全般
電話 03-5314-7081
FAX 03-5314-7085
開設 昭和47年9月
施設長 中林 俊二
ホームページ http://souzou-print.jp/
アクセス 地図
  • 創造印刷 写真
  • 創造印刷 写真
  • 創造印刷 写真

創造印刷は、日本で始めて精神障がい回復者の授産施設として昭和47年9月に開設されました。
当時、創設者である山田禎一が精神障がい者の授産施設に関する法律が不十分な状況下で、創造印刷を立ち上げたのは、精神障がい回復者の生活の質をなんとか向上させたいという一念からです。
私たちは、利用してくださった方が、自信をもって社会生活を営んでいかれるよう支援をしていきます。

創造出版

業態 出版業
名称 創造出版
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1丁目37−4 長谷川ビル2F
活動内容 精神医学、神経医学、神経心理学、リハビリテーション、医史学等の刊行
出版物 「ココロアップノート~統合失調症編~」
 中込和幸(国立精神・神経医療研究センター病院)監修
「ポケット精神腫瘍学 医療者が知っておきたいがん患者さんの心のケア」
 一般社団法人日本サイコオンコロジー学会 監修
「構成行為の発達と臨床的意義 Rey-Osterrieth複雑図形による検討」
 萱村俊哉/萱村朋子 著
「実践・職場のメンタヘルスー地方自治体と大学との協働ー」
 大森晶夫/垂水公男 編
電話 03-3299-7335
FAX 03-3299-7330
開設 昭和47年9月
編集長 吉村 知子
ホームページ http://www.sozo-publishing.com/
アクセス 地図

創造出版の前身「精神医学神経学古典刊行会」は、日本で最初の精神障がい者のための社会復帰施設「社会福祉法人新樹会創造印刷」のなかに設立されました。その後昭和52年、山田禎一の恩師である秋元波留夫先生のご指導のもとに「創造出版」として独立し、精神障がいのある方に職業訓練の場を提供しながら、精神医学、神経医学、神経心理学、リハビリテーション、医史学、古典的名著の復刻等、多くの書籍を刊行しております。

粋交舎

業態 障がい福祉サービス事業所
名称 粋交舎
所在地 〒182-0007
東京都調布市菊野台1丁目24−41
活動内容 ≪共同生活援助事業(グループホーム)(定員14名)≫
共同生活を営む住居において、主に夜間に相談、入浴、排泄または食事の介護、その他の日常生活上の援助を行います。
≪短期入所事業(定員3名)≫
ショートステイ
ご利用頂ける方 ・精神科に入院または通院中の方。
・障がい程度区分が区分2以上である方。
・粋交舎のきまりを理解し、社会復帰に向けて活動する意欲のある方。
電話 042-443-9232
FAX 042-481-0766
開設 平成12年4月
施設長 白井 正巳
ホームページ http://www.kibogaoka.biz/sinjukai/suikousya/index_suikousya.html
アクセス 地図
  • 粋交舎 写真
  • 粋交舎 写真

粋交舎では、精神障がいをお持ちの方で、一人暮らしに不安を抱えてたり、日常生活において支援が必要な方について、生活の場を提供し、生活全般について相談助言を行い、概ね3年間でより自立した生活に移行できるように支援しています。
金銭管理・服薬管理・対人関係の向上など、各自で課題となる項目や優先順位が違うので、個別に支援計画を作成します。
例えば、お金の管理が苦手な方には、小遣い帳を作り、決められた範囲で生活費を使う練習をしたり、銀行やATMの使い方を学んだり、担当職員と一緒に相談しながら、自立した生活を目指していきます。

希望ヶ丘

業態 地域生活支援センターⅠ型/相談支援事業所
名称 希望ヶ丘
所在地 〒182-0005
東京都調布市東つつじヶ丘2-29-1
事業内容 調布市委託事業:地域活動支援センターⅠ型・相談支援事業
指定特定相談支援事業(計画相談)
指定一般相談支援事業(地域移行、地域定着)
活動内容 オープンスペース
セルフヘルプグループの活動支援(茶和会)
夕食会
プログラム活動
家族支援プログラム
障がい支援区分調査
調布市配食サービス事業受付窓口
パソコン教室
電話 03-5314-7081
FAX 03-5314-7085
開設 平成10年1月
施設長 栗城 耕平
ホームページ http://www.kibogaoka.biz/
アクセス 地図
  • 希望ヶ丘 写真

精神障がい者の自立、社会参加の促進を図るために、地域で生活をしている精神障がい者の日常生活の援助、日常的な相談への対応、地域交流活動を行っています。

(1) オープンスペース
情報交換やくつろぎの場の提供
(2) 夕食会
スタッフ手づくりの食事提供
(3) 個別相談
電話・面接・訪問などを通じた生活全般の相談受付
(4) プログラム活動
毎月、習字教室・陶芸教室・パン教室・ドライブ・テニスなど行っています。
(5) 指定特定相談支援事業
障がい者総合支援法の障がい福祉サービス利用時における相談支援専門員のケアマネジメント
(6) 障がい支援区分認定調査
障がい支援区分を判定するための調査
(7) 家族支援プログラム
講習会や懇親会、情報提供
(8) パソコン教室
毎週月~金10:00~15:40 1回70分の授業を行っています。
専任のPC講師の元、PC初心者から上級者まで利用することができます。

ページトップへ